さて、まずRPGを作るにあたって、
どんなRPGを作るかっていうことが重要になってきます。

ここでずっこけると割と後で致命傷になったりします。


そんなわけで、まず、決めなきゃいけない項目がいくつか存在します。

  •  どこの層に向けて作るのか・ターゲット層はどこなのか
  •  どんなタイプのRPGにするのか
  •  世界設定・時代背景
  •  付随してくるシナリオのボリューム

ざっくりいうとこんな感じです。

俺はこんなのやらねーよ!俺の好きな通りにさせろよ!
っていうお方はご自由にやってください。
答えは一つではないので。

それとあと、プロが出しているシナリオの作り方とか
世界観の作り方はあまり見ないほうがいいです。

そもそも、プロが出しているものは素材が全て整っている状態であったり、
ハリウッド映画のシナリオの作り方といった、
まったくジャンルの違うシナリオ制作技法であったり、環境が全く違うからです。

じゃあ、何を参考にすればいいんだよ!って思う方も居るかもしれないです。

そんなとき参考になるのが、今までプレイしてきたゲームとリアルな経験です。
いわゆる、制作したゲームというのは、
実は今までプレイしてきたゲームの思い出や過去の経験でもあるのです!

リアルな経験が少ないっていう方は是非とも外を出ましょう!
日光東照宮でも屋久島でも白鷺城でもいいので、旅をしましょう。
何かヒントが見つかるはずです。
わざわざ外に出たくない方は本を読みましょう。
色んな情報がつまっているはずです。 

そんな経験や思い出などを元に、
  •  どこの層に向けて作るのか・ターゲット層はどこなのか
  •  どんなタイプのRPGにするのか
  •  世界設定・時代背景
  •  付随してくるシナリオのボリューム
などを決めていくと、より作りやすくなるんじゃないかなと思います。